海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:東カリブ海クルーズ(2005) >

プエルトルコの世界遺産(3日目)

東カリブ海クルーズの最初の寄港地は
アメリカ自治領プエルトリコのサンファン。
四国の約半分ぐらいの面積です。

寄港地付近はアメリカの現代的なリゾートホテルが建ち並ぶ
ニュー・サンファンと呼ばれる地区。
ニュー・サンファン(プエルトリコ)

一方、オールド・サンファンと呼ばれる地区は
かつてスペインが統治していたので
昔のスペインを思わせる歴史地区となっています。

オールドサンファンの最も有名な観光地は、
ユネスコ世界遺産に登録されているエル・モロ要塞です。

遠くに見えるのが現在残っている要塞の中心部です。
車が入れないため、強い日差しと熱風が吹き荒れる中、
要塞まで歩いていきました。
遠くに見えるエル・モロ要塞(プエルトリコ)

エル・モロ要塞は完成まで244年もかかり、出来上がった当時は
半島をぐるりと覆い、海から43mの高さにそびえ建っていたそうです。
エル・モロ要塞1(プエルトリコ)

現在は、中心の部分以外はほとんど壊れてしまっています。
エル・モロ要塞(プエルトリコ)

サンファンでは、エクスプローラー・オブ・ザ・シーズの全景が
とてもきれいに見えましたよ。
エクスプローラー・オブ・ザ・シーズ(プエルトリコ)


 ≪念願のロッククライミング(2日目) 2つの国が混在する珍しい島、セント・マーチン(4日目) ≫