海外クルーズ旅行記 TOP > クルーズ体験談:

バルセロナから乗船(1日目)

2006年10月に3回目のクルーズ、西地中海クルーズに行ってきました。
今回乗船した船は2002年3月に西カリブ海クルーズで乗船した時と同じ船、
ボイジャー・オブ・ザ・シーズです。

西地中海クルーズの乗船場所は、スペインのバルセロナ。
今も建築中のサグラダ・ファミリアがある都市です。

今回乗船したボイジャー・オブ・ザ・シーズが就航した当初は
カリブ海クルーズが主だったのですが、2006年は地中海クルーズを実施、
2007年下旬から2008年にかけてアジアクルーズを実施しています。

私達が予約した客室は今回も一番安いスタンダードルームの内側。
1人約1200ドル(ボートチャージ、税金込み、2006年10月時点で約15万円)。
10月は大分寒くなってくる時期のためか、値段が下がり、お得な料金でした。

乗船日当日、バルセロナ港には昼前ぐらいに到着したのですが
入り口付近はまだ人が少なく、閑散としている感じでした。

中へ入ってチェックインカウンターへ行ってみてもまばらな人。
バルセロナ港でチェックイン(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)

ほとんど待ち時間なく乗船手続きが終わり、もの足りなさすら感じました。
過去2回のカリブ海クルーズの乗船手続きにとても時間がかかったからでしょう。

この手続き時間の違いは、出入国手続きが必要かどうかということでした。
カリブ海の場合、いくつもの国に寄港するので審査が厳しく時間がかかります。
しかし、西地中海クルーズの場合、
EU諸国を航海するので出入国手続きが必要ありません。
これが一番の違いでしょう。

チェックイン手続きが終われば乗船できるのですが
13時までは部屋に入れないということで
11階にあるウィンジャマーカフェで昼食を食べることに。

中に入って最初に目についたのが、スイカの彫刻”WELCOME”、”ABORD”!
スイカの彫刻

そしてスペイン料理の代表、パエリア。
パエリア

30人前ぐらいありそうなパエリア鍋に盛り付けてあり
見た目はおいしそうでしたが・・・・・味は大味ででした。

ウィンジャマーカフェはバイキング形式になっていて、
オープンしている時間が一番長いカフェです。
もちろん、おやつも常備。

一番利用したカフェですね。

夕方には恒例の避難訓練。
部屋にあるライフジャケットを身に着け、指定されたデッキに集合。
避難訓練(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)

相変わらず、訓練というよりイベント気分でした。

フランス、マルセイユ(2日目)
ジョニーロケッツ(2日目)
F1グランプリのあるモナコ公国(3日目)
イタリア、ピサ観光(4日目)
ピサの斜塔を登る(4日目)
ディナーをイタリアン・レストランで(5日目)
イタリア、ナポリ(6日目)
フォーマルナイト(6日目)
イベント満載の終日クルージング(7日目)
地中海クルーズ下船(8日目)