海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:地中海クルーズ(2006) >

ディナーをイタリアン・レストランで(5日目)

5日目の寄港地はイタリアのチベッタベッキア。
ここは古くからローマの外港として栄えた港町です。

ここではローマやバチカンへのツアーがありますが
私達はローマに以前行ったことがあったので
この日は船でゆっくりしていました。

その分、夜のディナーはいつもと趣向を変えてみました。

それは本格的ヨーロピアン・イタリアン・レストラン、
ポルトフィーノでのディナー。

一人20ドルのカバーチャージ(予約料)で利用できます。
予約は直接レストランに行ってもいいし、電話でもOKです。

ポルトフィーノで予約しておいた席は
海を見渡せる窓際の雰囲気のいい席。
ポルトフィーノ(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)

料理はスープ、パスタ、メイン料理をそれぞれ数種類から選べます。
日本語メニューを用意してくれていたのはうれしかったですね。

おいしいスープやパスタを食べ、メイン料理を待っていると
なにやら不思議なタワーが運ばれてきました。
魚介類のタワー(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)

よーく見ると、エビ、ロブスター、サーモンが串刺しに!
ステキなパフォーマンスです。

このタワーを崩して、盛り付けてくれたシーフード料理。
かなりのボリュームです。
シーフード料理(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)

デザートはお洒落で繊細です。
デザート(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)

この他にもチョコのデザートプレートがあり大満足。

味、サービス、雰囲気がよくて、1人20ドルはお得でした。
ポルトフィーノはおすすめです。


 ≪ピサの斜塔を登る(4日目) イタリア、ナポリ(6日目) ≫