海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:タヒチ・ハワイクルーズ(2009) >

タヒチ・ハワイクルーズ準備編2

航空券の問題は解決しましたが忘れがちなのが
ビザと予防接種の問題です。

予防接種といえば日本に住んでいると
あまり縁がないかもしません。

日本からアフリカ方面に旅するときに
必要なくらいでしょうか。

以前、ブラジル経由で南アフリカに入国した際、
ブラジルは黄熱病危険区域なので
黄熱病の予防注射が必要だということが
出発の直前にわかり大慌てした記憶があります。

今回はタイを経由してのオーストラリア入国ですので
今までの日本から直接寄港地に飛ぶのとは
少し異なるので、その辺が大丈夫かどうかを
自分で調べる必要があります。

こちらのホームページによれば
以前僕が経験したのと同じで、
黄熱病危険区域からの入国でなければ大丈夫とのこと。

タイをはじめとするアジアの地域はその対象外なので
予防接種に関しては大丈夫そうです。

次にビザに関する問題です。
今回のクルーズの出発地である
オーストラリアへの入国にはビザが必要です。

観光が目的であればETASが便利です。
3ヶ月以上滞在したり、ビジネスでの訪問でなければ
ほとんどの方がこちらを利用することになると思います。

ETASはこちらより申し込め、
価格は一人20オーストラリアドル(約1,400円)です。

オンラインで10分もあれば申し込み可能で
カード決済も出来るので簡単です。

ETASの有効期限は1年間なので、出来るだけ出発
ぎりぎりに申し込むことにして現在は取得完了です。

次に最終目的地のハワイはアメリカ合衆国なので
ESTAと呼ばれる電子渡航システムに前もって
申し込む必要があります。

事前に登録しておかないと入国できないので
こちらも注意する必要があります。

有効期限は2年もしくはパスポートが切れるまで。
ちょうど僕のパスポートは2年以内に切れるので
早めに申し込むことにしてこちらも申込み完了です。

さて、これで安心だと思ったのですが・・・(続く)

 


 ≪タヒチ・ハワイクルーズ準備編1 タヒチ・ハワイクルーズ準備編3 ≫