海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:西カリブ海クルーズ(2003) >

毎晩楽しませてくれたクルーズディレクター

クルーズには必ず一人、クルーズディレクターと呼ばれる、
船内エンターテーメントを指揮している人物がいます。

私の乗った船には「リチャード・スペイシー」というディレクターが
私達の船旅を盛り上げてくれました。

何かイベントがあるたびに
「オースティン・パワーズ」のテーマソングと共に出没。
オースティン衣装で司会(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)

時には歌を歌ったり、ダンスを踊ったり、
楽しい会話で盛り上げてくれたりと、
この人がいなかったら今でも心に残る楽しい旅とはならなかったでしょう。

リチャードのおかげでクルーズの楽しさが倍増した、
といっても過言ではありません。

本当のエンターテナーで、
お客様のことを第一に考える素晴らしい方でした。
いつの日かまたリチャードのいる船に乗ってみたいですね。
踊るリチャード(ボイジャー・オブ・ザ・シーズ)


 ≪毎日楽しみだったベットメイキング 下船(最終日) ≫