海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:西カリブ海クルーズ(2007) >

船上イベントを楽しむ(7日目)

7日目は終日航海の日。
終日クルージング(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

毎回船内でいろんなイベントが行われている中で
面白いイベントを発見!
クッキングショー(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

なんと、料理教室が開催されていました。

別の場所ではコックさんのサイン会まで!
コックさんのサイン会(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

実はこのクルーズで出された料理ブックが販売されており
購入者特典としてコックさんがサインを書いてくれていたのでした。

私達のディナーテーブルを担当してくれた
マルコム(左)とジェニー(右)。
マルコム&ジェニー(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

マルコムは世界のロイヤルファミリーや政治情報に詳しく
クールな表情でいつも私達を驚かせてくれました。
ただ、ちょっと暴走するところもあり、
そんなマルコムをなだめるのがジェニーの役割、
という感じでとてもいいコンビでしたね。

そうそう、今回は日本人団体客がいたからなのか、
コースメニューはすべて日本語を用意してくれており
料理の選択はとっても楽でした。
日本語メニュー(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

でも、オーダーをとる、マルコムの方が大変そうでした。

プラチナムシアターではリバティ・オブ・ザ・シーズの
シンガー、ダンサーたちが勢ぞろいして最後のショーを披露。
最後のショー(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

ラストはキャプテンやコックさんも勢ぞろいしてのお別れです。

シアターのショーだけでなく、アイススケートショー、パレード、
どれも以前より内容がグレードアップしていて最高でした。

もし、船のグレードが上がるごとにショーの内容もグレードアップしているとしたら
2009年に就航する最新クルーズ船、オアシス・オブ・ザ・シーズのショーは
どんなにすごいショーになっているんでしょう。
今からとても楽しみです。


 ≪コズメル島のダウンタウン(6日目) ディナー帰りの楽しみ、タオルアート ≫