海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:西カリブ海クルーズ(2007) >

ディナー帰りの楽しみ、タオルアート

毎晩、楽しみにしていたのが”タオルアート”。

ディナーから部屋へ帰ってくると必ず部屋の中に
タオルアートがつくられています。

これも過去3回のクルーズよりもグレードアップしていました。

”おかえりなさいませ”とおすわりして帰りを待っていてくれた犬。
おすわり犬(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

かわいいゾウ。
かわいいゾウ(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

部屋を飛び跳ねるうさぎ。
飛び跳ねるうさぎ(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

かんろくあるサル。ボスザル?
ボスザル(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

一番お気に入りタオルアート。
クルーズコンパスを抱えて待っていてくれました。
きつね?(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

お気に入りなんですけど、これって何でしょう。
きつね??

仕事を終えて、ソファーで休憩中。
くつろぐきつね?(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

これらのタオルアートの作り方を教えてくれる教室が
7日目の正午にありました。
気づいていたら参加していたんですが
正午だったんでランチ中だったんでしょう。
参加できなくて残念。

タオルアート番外編。
同行した母が対抗してつくったそうです(笑)
タオルアート番外編(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

うーん、これは何でしょう?(笑)


 ≪船上イベントを楽しむ(7日目) リバティ・オブ・ザ・シーズ下船(8日目) ≫