海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:西カリブ海クルーズ(2007) >

リバティ・オブ・ザ・シーズ下船(8日目)

最終日は下船だけの日と思われがちですが
実は午前10時まではオープンしている施設があります。

それはスポーツデッキのバスケットコートやミニゴルフコース。
利用者はだれもいませんでしたが。

私達はこの日マイアミで宿泊するので
急いで下船する必要もなく、最終下船時間まで
プールデッキでのんびりしていました。

水のないサーフィンパークにはロイヤル・カリビアンマークが。
なにげないところにも、こだわってますよね。
水のないサーフィンパーク(リバティ・オブ・ザ・シーズ)

時間ぎりぎりに下船すると、人はもうまばらで
あっという間にアメリカ入国手続きが済み、楽でした。

さて、2回目の西カリブ海クルーズでしたが、
クルーズ船が前回よりグレードアップしていたこと、
両親と一緒にクルーズ旅行できたということもあって
最初のクルーズよりもさらに楽しい旅でした。

なんだか、回を重ねるごとにクルーズの魅力、
そして、ロイヤル・カリビアンの魅力に惹かれている気がしますね。
リバティ・オブ・ザ・シーズ


 ≪ディナー帰りの楽しみ、タオルアート