海外クルーズ旅行記 TOP >クルーズ体験談:西カリブ海クルーズ(2008) >

やっと会えたクルーズディレクター、リチャード(2日目)

クルーズの船内イベントを盛り上げてくれるのが
クルーズディレクター。

今回のクルーズディレクターの名前、

”Richard Spacey(リチャード・スペイシー)”
Rich Spacey(フリーダム・オブ・ザ・シーズ)

という名を聞いて私達夫婦は一気にテンションがあがりました!

リチャードは私達が2003年に初めて
クルーズに参加したときのクルーズディレクター。

過去4回のクルーズで1番船内イベントが楽しく、印象的だった、
唯一名前を覚えているクルーズ・ディレクターです!

ここまでクルーズにはまったのは
リチャードのおかげですね。

リチャードの船にまた乗りたくて
毎年、ロイヤル・カリビアンの船に乗っていた
と言っても過言ではありません。

事前にクルーズ・ディレクターが決まっていれば
当然その船に乗ったのですが、
直前にならないとわからないと言われ、
今まで”運”に頼るしかありませんでした。

が、ついにまた会うことができました!

フォーマルデーのかしこまった場で
船長が各部署スタッフを紹介しているときでも
お茶目な感じ。
スタッフ紹介でのリチャード(フリーダム・オブ・ザ・シーズ)

しかも!
今回はリチャードが長期休暇後初の仕事だったらしく
とってもラッキー。

このリチャードの船で過ごせる8日間。
楽しみで仕方ありません。


 ≪豪華なフォーマルディナー(2日目) ラバディでのイベント(3日目) ≫